ICOは初心者には難しい

こんにちは、大二郎です!

今回はICOの話をしようと思います。仮想通貨と並んでよく聞く言葉ではありますが、これもちょっと理解が難しいですね。。

調べたところによると、ICOというのは仮想通貨を使った資金調達の手段なんだとか。何か新しい事業を始めるときに仮想通貨を発行して資金を集めること「Initial Coin Offering」を略したのがICOという用語です。

事業計画書(ホワイトペーパー)を読んで事業に賛同した投資家はICOで仮想通貨を購入します。当然、最初のオファータイミングなので安めの価格で仮想通貨(=トークン)を手に入れられるわけです。このトークンを持っていると、その事業者のサービスを受けられたりすることがあります。このあたりは株式と近いものがありますね。

そして、その事業が成功して、トークンである仮想通貨にも価値が出てくると、仮想通貨が値上がりします。十分に値上がりした段階で仮想通貨を売却すれば、差額を利益として手に入れることができるのです。

投資の成功率はほとんどないそうで、かなりリスクの高い投資になりますが、当たるとでかいというのがこのICOの魅力ですね。これまでの成功例はイーサリアムとエイダコインが有名です。

ただ、詐欺案件も横行しているので、ICO詐欺に遭わないようにしっかりと情報を集めつつ、リスクを承知で投資をするというのはなかなか難しいことではあるかと・・・。興味があっても、迂闊に手を打さず、必要な情報は事前に全て集めるくらいの気持ちで臨むことが必要になると思います。

初心者はあまり手を出すべきじゃないかもしれないなー。