ブロックチェーンを解説

こんにちは、大二郎です。

前回の記事でさらっと触れてそのままにしてた「ブロックチェーン」ですが、正直わからないので、調べました。

それをわかりやすく解説しようと思います。

仮想通貨はその数実に1500種類もあるんだそうです。有名なのは有名ですけど、それ以外にもかなりの数が今あるんですね、知りませんでした。

で、ブロックチェーンっていうのは、仮想通貨の信頼度の為の技術なんだそうです。つまりは信頼を担保してると言っていいと思います。

では、そもそもブロックチェーンとはどういうことなのかというと、分散型手帳とか、分散型ネットワークっていう別名があるみたいです。取引履歴を一括で監視するのではなく、分散して監視する事で、取引の正当性を担保してるシステムの事みたいです。取引履歴をトランザクションって言い方をするみたいです。

で、この仕組み自体をPeer to Peer(P2P)って言い方をするみたいで、第三者を介在しなくてもユーザー同士で取引をすることができるようになるものです。分かりやすくいえば、他の誰かにお金を送る時は銀行からその人の口座に送金しますよね、ネット決済はクレジットカードを使うことがあると思いますが、その際はカード会社を介して行います。

こういったものと仮想通貨も同じ仕組みではあります。

では、ビットコインが有名なので、ビットコインを使って仕組みを説明しますね。

仕組みに関してですけど、例を出すと、「誰か」に10BTC(ビットコイン)の取引を投げたとします。そうすると、ノードが過去のブロックとの整合性を確認してくれて、いくつかの取引をまとめてセットにして承認をしてくれます。

もし、万が一過去の取引データが改ざんされていたとしたらハッシュ値が変わることになるので新しくブロックの承認がされるときに不正を見つけて排除してくれるようになります。

こういった感じに分散型でネットで繋がってるノードが協力してブロックチェーンを作ってるので常に新しいデータだけが共有されていくことになります。

この作業はブロックごとに誰が承認するのかを合意形成のアルゴリズムによって決定されているわけです。

このブロックチェーンのおかげで仮想通貨は安全に使用できるようになっているわけですね。